はじめまして。公認会計士の若杉拓弥です。 御社がものづくり補助金を獲得できるように、 計画書作成を0からサポートさせていただきます!

誠に申し訳ございません!500万円以上の新規投資のみ新規相談受付中です

ただ今、ご相談が殺到しております。誠に申し訳ございませんが、当事務所でご相談いただける件数に限りがあるため、
現在は大規模な新規投資をお考え中の企業を優先的とさせていただいております。
つきましては、新規のご相談は、
500万円以上の新規投資をご検討中の企業様とさせていただきます。
勝手を言って大変申し訳ございませんが、
何卒、ご理解の程よろしくお願いいたします。      公認会計士 若杉拓弥

新規投資に 最大3,000万円の補助金が活用できるのをご存知ですか?

ものづくり補助金とはものづくり補助金(通称もの補助)は、国から支給される補助金です。ものづくり・商業・サービスの分野で環境等の成長分野へ参入するなど、「革新的」な取組にチャレンジする中小企業・小規模事業者に対し、試作品・新サービス開発、設備投資等を支援します。具体的には、採択されると最大3,000万円の補助金を手に入れることができます。

ものづくり補助金のメリットとはもしあなたがものづくり補助金を獲得したら・・・補助金3,000万円が手に入る!リスクが少なく新規事業を開始できる!社会的信用が高まる!など、たくさんのメリットを得ることができます。

なんと!全国で約48,000社が「ものづくり補助金」を獲得してます!

過去の累計で「ものづくり補助金」には約120,000社の応募があり、
そのうち、48,000社が採択されています。

一方、不採択になった企業数は全体の65%で51,000社です。

採択される企業と、不採択になる企業はどこが違うのでしょうか?

残念な事に優秀な企業が採択されるとは限らない・・・→補助金は申請書がすべてです

どんなに御社が優れていても、申請書の内容でそれが伝わらなければ適正に評価されません。必ずしも「一番素晴らしい会社」が採択されるわけではなく、「申請書の点数が高い会社」が選ばれます。つまり、申請書の作り方のコツを知らないと、どんなに素晴らしい事業を行っていても補助金は獲得できません。逆に、採択される申請書の作り方を知っていれば、どのような企業でも補助金採択の可能性があるということです。
POINT補助金で採択されるには、審査する人が加点するポイントをしっかりと押さえた計画書を作り、確実にライバルよりも点数を積み重ねることが重要です。

記入例通りに書いても駄目なんです!

インターネットで「ものづくり補助金 書き方」と検索すると、様々な記入例が見つかると思います。ただし、それらに従って申請書を作成しても、採択されることはほぼ無いと言っても過言ではありません。「実際に採択された申請書」と「ネットに転がっている記入例」がどれ程違うのか、ぜひご自身の目でご確認ください。

ネット上の記入例 当事務所が作成して採択された申請書

皆さんが採択を勝ち取るためには、当事務所が作成したレベルの申請書と戦わなければなりません。しかも、今回で5年目なので申請書のレベルは相当上がっています残念ながらインターネット上の見本レベルでは駄目ということです。

ものづくり補助金で最も重要な3つのポイントはコレ!!

point1審査ポイントを確実に加点に変える計画書を作らなければならない/どんなに素晴らしい事業であっても、その素晴らしさが審査員に伝わらなければ採択されません。普通の事業計画書を作成しても駄目で、確実に加点されるポイントを抑えて作成する必要があります。

point2革新性のある事業計画を作らなければならない/ものづくり補助金の対象となるのは、「革新的」な新規事業の立ち上げに伴う試作品・新サービス開発、設備投資等の費用です。普通の事業計画書を作成しても駄目で、「革新的」に魅せる計画書を作成する必要があります。

point3数字の整合性を図らなければならない/補助金は国の税金が投入されますので、より現実的でありながら、かつ、革新的な計画でなければなりません。それを表現するのが資金計画などの数字です。したがって、数字は重要です。審査員の印象が良い数字の魅せ方をする必要があります。

ポイントは分かったけれど・・・忙しくて事業計画書の素案を作るのが大変・・革新性のある事業計画書の作り方が分からない・・全ての書類の整合性を揃えなければならないので面倒・・応募締切間近で間に合うか心配・・もの作り補助金の相談ができる専門家が身近にいない・・など。結局どうやったら良いのか分からない・・・というのが本音だと思います。

そこで、ものづくり補助金の採択実績豊富な当事務所が、御社の申請書作成をお手伝いいたします!

はじめまして、若杉公認会計士事務所の若杉拓弥と申します。当公認会計士事務所は、補助金・助成金・融資などの資金調達を専門としている事務所です。当事務所は昨年のものづくり補助金において、公認会計士事務所として全国最多の採択数があります。また、過去の補助金等の支援獲得実績は5億円超え、採択率70%の実績があります。

公認会計士事務所として
全国最多の採択数


補助金等の支援獲得実績
10億円超え

延べ100社超の支援実績

ものづくり補助金の審査ポイントを知り尽くした専門家として、
評価ポイントを押さえ、競合に負けない申請書作成をサポートします。

当事務所ではものづくり補助金の延べ100社超の採択実績があります

建設業・小売業・飲食業・製造業・IT業・サービス業など北海道から沖縄まで延べ     に渡る     

建設業
  • 溶接ロボットの導入による高耐性化と生産性向上の実現 (北海道)
  • 最新溶接ロボットの導入による社内生産力の強化と地域の担い手となる若手人材の育成(宮城県)
  • 高齢者や女性でも作業ができる革新的鉄筋工事手法導入に併せた主筋曲げの高精度化・効率化(北海道)
  • 業界初。水性かつ透明の防錆表面処理技術の確立  (宮城県)
  • 次世代表面処理と生産性向上・環境負荷軽減を実現する塗装設備の導入 (長野県)
  • 工程の自動化により高精度加工と生産性向上を実現する鉄筋自動曲装置の導入 (千葉県)
  • 鉄筋自動曲装置の導入による超高層建築物、耐震・免震需要、PC工法等への新展開 (福岡県)
製造業
  • 精密かつ効率的な品質管理体制構築のためのマイクロスコープ導入 (埼玉県)
  • 自動車レース(F1等)用のハイエンドクラスエンジンの開発体制強化 (埼玉県)
  • 工程自動化による精密加工・生産性向上のためのハイブリッドレーザマーカ導入(熊本県)
  • 基板印刷精度の可視化や定量化による、微細基板印刷技術の高度化 (新潟県)
  • スマートフォン向け有機ELディスプレイに不可欠な高精細液晶露光装置部品の品質管理強化(栃木県)
  • 業界でも特異な金型・成型の一貫生産体制の構築による、技術革新分野への展開(京都府)
  • 横穴加工の内製化によるハイエンド基幹部品の生産体制強化(三重県)
印刷業
  • 特産品のブランド化に向けた「お洒落な」化粧箱製作工程内製化のための新型加工機の導入(新潟県)
  • 検査工程の自動化による品質管理の強化と生産性向上に向けたオンライン枚葉検査機の導入(徳島県)
  • 地域に根差した、誰でも気軽に利用できる小ロット印刷プラットフォームの構築 (群馬県)
  • 印刷業務の工程別進捗管理および損益管理システム導入による革新的「見える化」実現(埼玉県)
  • スマートフォン写真も綺麗に印刷・製本できる小ロットフォトブックサービスの展開(埼玉県)
  • CTP導入による製版・刷版工程をアナログからデジタルへ (福島県)
  • 「雪化粧パッケージ」の試作開発を通じたプレミアムパッケージ市場への新展開 (北海道)
飲料製造業
  • 微細な香りを活かし、均質で質の高い「三条の日本酒」醸造のための自動醪機の導入(新潟県)
  • 日本酒造りの常識を超える夏期醸造および低温発酵・貯蔵技術による高品質な夏酒の製造(埼玉県)
  • 最新鋭物流設備の導入によるドミナント物流サービスの提供(埼玉県)
  • 観光蔵としての九十九里の地酒「舞桜」の劇的な品質向上と品質安定化のための機械設備導入(千葉県)
紙・パルプ・製紙業
  • 和紙など特殊希少紙を使った小ロットのおもてなしパッケージの製作(愛知県)
  • 特殊段ボール加工/製函の高度化を通じた市場シェア拡大およびEC市場への展開(広島県)
医療業
  • 上部歯冠とアパットメント同一削出による生涯利用インプラントへの挑戦とマウスピース型矯正装置の効率化 (大阪府)
  • 歯科補綴物製作の効率化による先進医療サービス提供に向けたCAD/CAM設備導入(埼玉県)
  • CT導入による治療の見える化と高精度治療の確立(奈良県)
  • CAD/CAM設備を使用した海外観光客等向けの即日治療サービスの提供(東京都)
  • 最新設備とチーム医療による、歯科に留まらない健康治療サービスの展開(福島県)
IT業
  • 事務効率化と付加価値向上に向けたメール配信予約システム(未来メール)の試作開発(東京都)
  • 地方議会や委員会の透明性を確保する議事録要約システムの試作開発(東京都)
  • 「和文化」の発信と世界に向けた伝統工芸品の販売に向けた専用APIの試作開発(東京都)
  • 本社一括発注・複数拠点異部数配送事業参入(川下展開)に向けたITと最新製本機の導入(宮城県)
  • 中小企業向けのオリジナルアプリ開発サービスの販路拡大 (東京都)
  • 世界に一つだけのギフトカタログを作れる事業の展開(東京都)
  • ECシステム構築による秩父名産品の販売と山間部高齢者への地元商店街商品の定期宅配事業(埼玉県)
その他サービス業
  • 若者の就職・転職支援とWEB・IT業界の活性化(千葉県)
  • 企業PR花火(企業名を掲出できる花火など)の演出技術及び安全性、作業効率の向上(茨城県)
  • 無線機能を活用してスマホを家の鍵に。内覧自由化による仲介手数料サービスの試作開発(東京都)
  • 公認会計士や外資系コンサル出身者等の高度専門人材をプ ロジェクト単位で公募できるサービス(東京都)

■上記以外にも、当事務所では以下の設備投資に関して
ものづくり補助金の申請実績があります。:オンデマンド印刷機・製本機・断裁機・鉄曲機・成型機・NC施盤・抜機・溶接ロボット・プレスブレーキ・日本酒醪機・パストライザー機・ラミネート加工機・アプリ開発・クラウドシステム構築・3Dプリンター ■当事務所では日本全国で補助金等獲得実績があります!

 

当サービスの5つの特徴

特徴1 初回無料相談で補助金が受給可能か診断!
全国対応!!!!
北は北海道、南は九州まで豊富な支援実績があります。基本的には電話とメールにて申請書作成を代行するため、日本全国対応が可能です。
特徴2 2回目の打合せ時に8割完成した申請書をご提示!
過去の豊富な採択実績を活かし、ポイントを押さえた申請書類のたたき台を作成します。初回ヒアリング時から10営業日程度で、初回にお聞きした内容を元に、申請書類を8割完成した状態でご提示します。あとは修正・加筆をいただき提出するだけでOKです。
特徴3 専門シートに沿って回答するだけで楽々簡単!
補助金受給のための事業計画書は特殊で難しいですが、当事務所の場合は専門の質問シートがあるので、悩まずに簡単に事業計画書の作成ができます。
特徴4 面倒な書類の整合性チェックも全部お任せ!
補助金獲得の専門スタッフが3人体制で書類チェックを行います。審査のポイントに漏れが無いかや、書類の整合性に間違いが無いかを徹底チェックいたします。
特徴5 経営力向上計画も同時申請!
今回から加点項目となった経営力向上計画についても、補助金申請と合わせて申請書を作成します。
加点対策も込みの万全です!

分かりやすいシンプルな料金設定で、複雑なケースでも一律価格。決済後に追加費用が発生することは一切ありません。

完全代行・丸投げプラン 150,000円(税別)

完全代行プランは、採択実績豊富な当事務所が申請書の企画から書類作成、申請まで全て代行するプランです。備考:※すでに経営力向上計画を取得済の方は着手金3万円引き

さらに!

今なら 4つの特典 付き!!

  • 特典1:審査員に聞いた!不採択になる16の理由[マル秘]レポート:採択されるコツを知るには、
審査員の考え方を知るのが一番です。
不採択になった申請書に対する
審査員16名のコメント
をまとめたレポートを
差し上げます。
  • 特典2:補助金申請のポイント音声解説ファイル:若杉が補助金申請を行う際に~差し上げます。」を「補助金申請書作成のポイントを若杉が分かりやすく解説した音声ファイルを差し上げます。
  • 特典3:審査項目一覧

補助金審査は審査項目に沿って行われることをご存じですか?公募要領から分析した実際の補助金審査における審査項目の一覧をお渡しします。
  • 特典4:補助金審査で加点される
まる秘資料 補助金審査で加点される項目についての補足資料について、弊所独自のフォーマットを差し上げます。

よくある質問

その他にもご不明点があれば、お気軽にご質問ください。(メーカー・商社の方もお気軽にご連絡ください)

質問する

事務所概要

事務所名:若杉公認会計士事務所
代表者 :若杉 拓弥 わかすぎたくや

所 属 :日本公認会計士協会 第30433号
所在地 :〒241-0821
     横浜市旭区二俣川1-2-403
電話番号:045-360-3177
FAX番号 :045-360-3178
対象地域:全国対応

プロフィール

当事務所は資金調達専門の会計事務所として、補助金獲得の深いノウハウと実績がございます。ものづくり補助金をはじめ、各種補助金、助成金、融資などの資金調達がしたい方はまずはお気軽にご相談ください。

若杉拓弥 わかすぎ たくや
昭和59年11月生まれ。
神奈川県出身。
2児のパパ。
慶應義塾大学卒。
公認会計士として7年の
実務経験あり。

経歴

大学在学3年時に当時全国最年少学年で公認会計士合格。上場企業の財務諸表監査や、公認会計士予備校でのコーポレートファイナンス・経営戦略論講師を経て独立。実家の医院を継げなかった過去から、「会社の医者」として会計士の活動を展開。現在、南は沖縄から北は北海道まで延べ20業種以上50社程度の幅広い顧問先を持つ。「諦めなけば夢は叶うことを実証する」を事業理念とし、融資対策では赤字で、消費税滞納10年で、赤字で、債務超過でも融資を引き出した実績を持つ。税理士・銀行からも事業計画の作成を依頼される等、業界の専門家からも評価を得ている。

補助金の採択には絶対にはずしてはいけないコツがあります。どんなに革新的で素晴らしいサービスを提供していても、審査員の加点ポイントを押さえた事業計画書を作成しなければ採択されることはありません。もし採択率を少しでも高め、最短で質の高い計画書を作成したい方は、まずはお気軽にご連絡ください。締切間近ですので1日でも早くご相談いただいた方が有利となります。今ご連絡いただければ、最短・最速・最良の方法で、御社のものづくり補助金獲得をサポートさせていただきます。ご連絡をお待ちしております。公認会計士 若杉拓弥

公認会計士が無料でご相談に応じます!まずは、お電話またはメールにてお問合せください!